2009年8月4日火曜日

ボストンとケープコッド旅行13(GrayMist Studio & Shop)

ナンタケット島からハイアニスに戻り1泊後、ポテトチップ工場(ブログを読んでくれた方がLAのマーケットで探してくれたけれどありませんでしたとの事、ボストン周辺限定のポテトチップなのでしょうかね?探してくださった方有難うございました。)はお休みで行くことは出来なかったのですが、ジョンFケネディー博物館を見てからポストンに戻るか、八代先生のスタジオに直行しようか迷ったのですが、バスケットが一番の目的の旅でしたから八代先生のスタジオに行くことにしました。
残念な事に先生は日本に行ってらっしゃるとの事で、直接お話は出来ませんでしたが、お店のマネージャーさんが丁寧に説明して下さりました。 又八代先生のご主人ともお会いする事が出来ました。
場所はかの有名なハーバード大学の直ぐそばでした。 地図を見ながら行ったのですが中々道が分からずぐるぐると回ってしまいましたが無事に到着。

バスケットはこの木枠に沿って編んでいくようです。
お店では、木枠購入も出来るし、2週間借りてバスケットを作ることも可能だとの事でした。
右下の木は、多分キャンディーバスケットを作る時編みあがった上にかぶせる物ではないかしら?

バスケットの最後に釘でこの木枠を付けて、周りをかがっていくものと、パースの手提げではないかと思います。
まだ1つも作っていないのに、こんなに説明しちゃってよいのでしょうか? ブログを読んだ方で間違えに気が付いた方はコメント下さいね。

バスケットの上につける象牙細工です。 この中にチャールズさんが作ったのもあるのでしょうか?
値段も象牙でしたら勿論高価ですが、素材は象牙以外にもあるそうです。
Posted by Picasa

2 件のコメント:

Natsuty さんのコメント...

材料やら道具がいっぱい~~♪
こんなにワクワクするものを見て
何も買わなかったのですかー??
バスケットは型に沿って編んでいくのか…。
やはりその型も高いんでしょうねえ。

クラフト大好き人 さんのコメント...

木型は$120ぐらい~だった様に思います。 確かレンタルは2週間で$20ぐらいだった様に思いますが、書き留めなかったので不確かです。

日本でクラスを取り、好きな形であれば、木型を1つ買って何個も作りたいかもなんて思っています。
又クラフト材料が増えることが許されるのか???